気・整体・リンパ療法・不妊治療・現代医学も注目している遠赤外線代謝発刊装置をとり入れた秋田市初の健康サロン!
 秋田市牛島西2丁目3-17 伊藤ビル2F
AM9:00〜PM9:00 土日営業 [休日]不定休
トップページ 店舗紹介 各コースのご案内 タキ整体学院のご案内 会員募集  

各コースのご案内

妊婦さん、産後のお母さん向け

教室のご案内





 

妊娠しやすい体づくりに
おすすめの施術法
骨髄刺激法、骨盤内刺激法
卵巣刺激法


不妊施術について

当院の不妊施術について
不妊施術の指針について 不妊の原因・特徴 胸腺と不妊について
自律神経と不妊について 内臓下垂と不妊について
妊娠の仕組みと女性のからだについて 血流とホルモンと不妊について
基礎体温について 卵管について 流産について 正常な排卵について


血流とホルモンと不妊について

不妊の方の多くが生理痛や冷え・肩こり・むくみなどなんだかの症状がある方が80%以上占めています。
東洋医学でいう「気=冷え」「血=コリ」「津液=むくみ」の3種類の症状が慢性化し、混合体質の方が多くなってきています。
これらの症状から、漢方でよく言うになっているのではないかと考えられます。
」とはわかりやすい言葉で言うと「血の巡りが悪い」ということです。

妊娠に必要なホルモンは、血流に乗って卵巣と子宮に運ばれていくのですが、体の色んな不具合によって血流が悪くなって女性ホルモンの働きが乱れるのです。
色んな方を施術しながら基礎体温表を見てみますと、妊娠に必要なホルモンの異常が感じられます。
血流の中でも、卵巣に行く血流が低下しているのが一番の大きな問題ではないかと思います。

骨盤に囲まれた下腹部には卵巣や子宮があり、その一帯の筋肉が硬くなっていると骨盤内の血流が悪化し、女性ホルモンの分泌に大きな影響を与え、様々な体の不調を起こします。

当院の不妊施術は、まず女性ホルモンの分泌をコントロールする脳からの指令伝達がうまく行く様に、首の矯正、そして胸腺のつまりとコリの改善、骨盤周囲の筋肉の弛緩、お腹の整体で下腹部を柔らかくし、卵巣に血流がスムーズに流れる様にします。

卵巣への血流が悪くなる原因
  1. 卵巣周囲の筋肉の硬直。
  2. ソケイ部靭帯のゆるみ。
  3. 卵巣・子宮部分の冷え。
  4. 卵巣周囲の癒着。
  5. 年齢的なもの。
卵胞が順調に育つ為には、栄養も酸素もホルモンも必要です。
血流の良さは、卵子の質にも関係していきます。ですから血流を良くするには、血管もよくしなければなりません。
血管は肺で取り込んだ酸素と、腸で吸収した栄養、各組織でつくられたホルモンや抗体、リンパ球のような細胞を組織に運ぶ役割を果たしています。
また、色んな所から排出された老廃物を、肺や肝臓に運んで排出する役割も果たしています。
ですから、血管は弾力性に富んでいて、縮んだり、広がったりすることができる時血管でなければ、血液の流れに添うことが出来ません。
詰まったり細くなったりしていると、血液はうまく流れていきません。血管を良い状態にするには、血液を汚さず血管を丈夫にすることです。
血管を丈夫にするには、当院の経絡リンパセラピーがとても適しています。
経絡を刺激し、リンパを流し、血管の刺激もしますので血管が丈夫になり、血管年齢がすごく若返ります
良い血管を作り、良い血液を送り、良い血流であることが、卵胞の十分な成長につながり、卵子の質も良くなることが分りました





体にコリや堅さを感じていませんか?
当院に来院される方の殆どの方が、肩こりを訴えます。
体が硬いと日常的に感じているし、手足の末端がいつも冷たいし、お腹とお尻が冷たい方が多いです。
人間は寒さを感じると血管が縮んで体温を奪われない様にします。温かくなれば、血管は元に戻るはずなのに、なかなか元に戻らず、そのような状態が続くと冷えを感じるようになります。
肩こりや腰痛などは、血流のわるさからくることがあるのです。


良い血管・良い血流になるには…
  1. ゆったりとした気持ちで過ごす。
  2. 生活リズムを整える。
  3. からだを冷やさない。
  4. 整体などでからだをほぐす。
  5. ストレスを解消する。

不妊施術は体を温めて、冷えを取り除くことが大切なのです。
また、ストレスも血管の収縮を起こします。ストレスによって自律神経の交感神経が強くなると、血管は縮むようになっています。
動脈の外側の外膜には交感神経が通っていて、ストレスによって血管がもろくなってしまうこともあります。



足が冷たくありませんか?
冬になれば気温が下がってくるので、手足の先は冷えを感じることが多くなりますが、一年中手足が冷たいとなると、これは血流に問題があります。
下半身(お腹、お尻)が冷えているということは、冷えた血液が下半身に回っているということです。
その冷えた血液は下半身の臓器にも運ばれていく訳ですから、当然子宮や卵巣も冷えるということです。
低体温になれば、免疫力の低下にもつながりますので、日頃の生活の中で、体を冷やす原因を探り、体を冷やさない工夫、そして温める工夫をすることも大切です。

遠赤外線ドーム
当院では、冷え性の方に遠赤外線ドームに入って頂いております。
からだを温めるには最高です。びっくりするほど温まります!
詳しくはこちら






[リフレッシュサロン]セラピー風の音|秋田市整体・不妊施術 [ 血流とホルモンと不妊について ]
このページの上へ 
Copyright (C) 2006 Theprapy KAZENO-OTO. All Rights Reserved.