気・整体・リンパ療法・不妊治療・現代医学も注目している遠赤外線代謝発刊装置をとり入れた秋田市初の健康サロン!
 秋田市牛島西2丁目3-17 伊藤ビル2F
AM9:00〜PM9:00 土日営業 [休日]不定休
トップページ 店舗紹介 各コースのご案内 タキ整体学院のご案内 会員募集  

各コースのご案内

妊婦さん、産後のお母さん向け

教室のご案内





 

妊娠しやすい体づくりに
おすすめの施術法
骨髄刺激法、骨盤内刺激法
卵巣刺激法


胸腺施術 免疫を高める

皆さんは「胸腺」という臓器をご存知ですか?
「胸腺」とは、あらゆる病気からからだを守ってくれる働きをしていますが、殆どの方が知らな
い臓器です。最近はお医者さんも少し認識してきているようです。当院では、10年以上前から
この「胸腺」を意識して施術を行っています。
アレルギー系の施術をするためには、副腎と胸腺のセットが必須条件です。

 

胸腺を活性化させることにより、下記の症状の改善ができます。

  • アレルギー全般
    鼻炎、アトピー、花粉症、ぜん息
  • 免疫機能が低下しての病気
    風邪、肺炎、慢性気管支炎、咳、痰
  • ガン予防
    ガンの初期症状で抗がん剤をまだ使っていない方 (近い将来、整体でガンが克服できたらと思っています)
  • 白血球の調整
    白血球の数が少なくなった方の調整
  • えたいの知れない不調
    からだがだるかったり、重かったり、やる気がでない…更年期症状のような不調

 

胸腺とは

胸の中央、心臓の少し上に位置します。
少し前までは、その重要性が明らかにされていませんでしたが、近年では生命維持装置として重
要な役割をしていることがわかりました。

胸腺は免疫機能を司る臓器。
一定の年齢まで成長を続けたあと萎縮を続け、最後には痕跡程度まで萎縮してしまいますが、人
間のからだを守ってくれる大切な働きをしています。免疫機能というのは生命維持にとても大切
な働きをしています。一生胸腺機能が損なわれることなく、免疫機能が維持されることが望まし
いのですが、胸腺機能から考えても、40代を境にピークの半分まで機能は低下してしまいま
す。もし抗生物質がない環境であれば、人間は40〜50 代で感染症などにかかり、寿命が尽き
るように設計されていると考えられますが、胸腺の機能を高めることによって健康に過ごすこと
ができるのです。
当院の胸腺施術は、免疫を高めることができる施術法です。秋田はもちろん、全国でも殆どやっ
ていない施術です。

病気の予防には胸腺施術

高齢者に多い死因のひとつに「肺炎」があります。10〜20代の若い世代が肺炎にかかったとしても、正しい処置をすれば、高い確率で治りますが、70〜80代の方には命を落とす可能性が高くなります。
その原因のひとつとして、胸腺の機能低下が考えられます。若い方に比べ、胸腺が半分以下の大
きさになっていますので、その分胸腺機能が低下し、免疫機能も低下しているのです。そのた
め、若い世代で簡単に治る病気も高齢者は命を落としてしまうことがあるのです。
肺炎など免疫に関する病気の予防には胸腺施術が必要です。


胸腺とT細胞について

胸腺で作られる細胞「T細胞」をご存知ですか?
T細胞は病原菌や細菌から私たちを守ってくれる細胞です。体内に侵入してきた菌に対し、自己
なのか非自己なのかを判断し、悪い菌を攻撃、排除してくれる、すぐれた細胞です。
毎日多くの細菌が体内に侵入しても、このT細胞が私達の体を守ってくれているのです。
このT細胞を生成する臓器が「胸腺」です。

 

T細胞の役割と種類

胸腺で厳しい試験を乗り越えたT細胞は3つの種類にわけられます。

  • キラーT細胞
    「殺し屋」と呼ばれ、ヘルパー細胞より指令を受けた細菌に対して攻撃する細胞。
    ガン細胞も攻撃し、殺してしまいます。
  • ヘルパーT細胞
    免疫の司令塔の役割で、病原菌を見つけたらすぐに各部署に指令を出す細胞 「B細胞には気をつけろ!」「キラーT細胞は敵を殺せ!」と指示を出します。
  • サプレッサー細胞
    上記2つの細胞が暴走しないように監視する役目。

胸腺を活性化させるには

食べ物や呼吸などによって体内に侵入した細菌や有害物質は、マクロファジー、T細胞などの白
血球によって排除され、再度侵入した時のために抗体が作られます。白血球には侵入した細菌を
処理する白血球、それに侵入してきた細菌に対するBリンパ球とTリンパ球があります。Tリン
パ球は最も優れた白血球で、細菌の侵入を伝達し、Bリンパ球の働きを活性化させ、抗体を作ら
せ、ガン細胞、感染細胞などの変異した細胞をキラーT細胞に破壊させるなどの免疫力を働かせ
る指揮官のような役割を果たしています。


Tリンパ球は骨髄の中の胸腺で育てられる

胸腺はストレスに弱いので、ストレスを溜めない、不規則な生活、偏った食生活をしないことが
大切です。
規則正しい生活をすることによって、免疫力が高まり、病気になりにくい体になっていきます。

 

免疫力が高い状態を保つには

胸腺を活性化させ、免疫力を高い状態に保ち、病気になりにくい健康なからだでいるためには…

  • ストレスを溜め込まない
    胸腺はストレスに非常に弱く、過度のストレスがかかると萎縮してしまいます。
  • 自律神経のバランスを整える
    交感神経と副交感神経のバランスが整っていると、病気から身を守る防御システムが働き、血液 中の白血球がうまく働いてくれます。(白血球の数や働きは、自律神経の影響をうけています)
  • 血液の循環を良くする
    体全体の血液の流れも大事ですが、特に胸部(肋骨部)の血液の循環を良くすることが大切で す。
  • リンパの流れを良くする(うっ滞除去)
    頸部、鎖骨、胸部(胸管)のリンパの流れを良くする。各リンパ節のつまり除去をし、各臓器の うっ滞を除去することで、リンパの流れを良くします。
  • 胸部(胸椎、肋骨、横隔膜)の調整

予防接種の大切さ

予防接種は、その病気に対する記憶をT細胞に記憶させるためにするものです。そのほかにも様々なウィルスや細菌が私達の体内に入り込みますが、免疫力によって健康な状態を維持することが出来ます。怪我をした時など悪化するのを防いだりする、治癒力を促進するのも免疫力の働きです。
ガン細胞は誰にでも発生し続けていますが、T細胞が活発に働き免疫力が高い状態いあれば、キラーT細胞が破壊し続けるため、ガンは発生しなくなるのです。

免疫力を高い状態に保つための施術が胸腺施術なのです。

 

胸腺施術とは?

秋田はもちろん全国もほとんどやっていない施術です。
胸腺の活性化を図り、免疫力を高めるとても大切な施術です。

  • 胸部施術

    • 胸椎、肋骨、横隔膜の調整
    • リンパの流れを良くしてうっ滞除去
      各リンパ節のつまりを取る 胸部のリンパの流れを良くする
      各臓器に鬱滞しているリンパを除去(チャップマン療法)
    • 胸部の血液の循環を良くする

  • 自律神経の調整

    • 交感神経と副交感神経の調整
    • 東洋医学の刺絡療法でバランス調整
    • 胸部にかかっているストレス
    • 副腎調整
      アレルギーのある方はこの副腎調整が必須
    • 白血球の調整
      白血球の数や働きを良くする

     

    ガンの施術について

    胸腺の機能を高め、免疫力をつけることによって、あらゆる病気の改善や予防はできていると思いますが、ガンになってしまった方はどうしたら良いのか・・・
    病院んい行きますと、どうしても抗がん剤を使います。抗がん剤はT細胞をほぼ全滅させてしま
    います。抗がん剤の威力はガン細胞だけでなく、正常に分裂し増殖しているT細胞の機能を低下
    させてしまい、終いにはほぼ全滅させてしまうのです。
    一度全滅してしまった細胞が、以前の機能を取り戻すことはとても難しいようです。ガンの初期
    症状では抗がん剤をまだ使用していない方には、当院の胸腺施術が効果を発揮します
    ので、是非
    ご相談ください。
    抗がん剤治療を開始している方にも効果の出せる施術ができるよう、試行錯誤しています。

 


施術料金

初回 4,500円 2回目以降 4,500円


このページの上へ 
Copyright (C) 2006 Theprapy KAZENO-OTO. All Rights Reserved.