気・整体・リンパ療法・不妊治療・現代医学も注目している遠赤外線代謝発刊装置をとり入れた秋田市初の健康サロン!
 秋田市牛島西2丁目3-17 伊藤ビル2F
AM9:00〜PM9:00 土日営業 [休日]不定休
トップページ 店舗紹介 各コースのご案内 タキ整体学院のご案内 会員募集  

各コースのご案内

妊婦さん、産後のお母さん向け

教室のご案内





 

妊娠しやすい体づくりに
おすすめの施術法
骨髄刺激法、骨盤内刺激法
卵巣刺激法


不妊施術について

当院の不妊施術について
不妊施術の指針について 不妊の原因・特徴 胸腺と不妊について
自律神経と不妊について 内臓下垂と不妊について
妊娠の仕組みと女性のからだについて 血流とホルモンと不妊について
基礎体温について 卵管について 流産について 正常な排卵について


流産について

施術を始めた頃、立て続けに赤ちゃんが出来たのですが、残念ながら流産する方もいました。
高齢になればなるほど妊娠の喜びが大きい分、流産する辛さも大きい・・・
そんな辛さを味わうことのないよう、「お腹づくり、体力づくり、胎盤づくり」を心がけ、今では殆どの流産を防げる様になりました。
しかし、中にはまだお腹の状態が良くないのに妊娠してしまって、流産してしまった方も3名程おられました。
最近は流産ぐせのある方はしばらくの間(3ヶ月程)排卵日前後2〜3日は避妊してもらうようにしています。

次のような方はご相談ください。
  • 5〜10週目で流産してしまう方
  • 流産を3〜5回している方
  • 妊娠すると流産してしまうんじゃないかと心配している方
  • 妊娠に恐怖(トラウマ)になっている方
 
流産する原因は大きく分けると3つです。
  1. お腹が硬く苦しい状態で、赤ちゃんが子宮に留まっていられない。
  2. 子宮へのホルモン(血流=栄養)の流れが悪くなっている。
  3. お腹がとても冷たく育っていけない。
 


東洋医学に「未病」という言葉がありますが、流産は病気ではありませんが、不妊や流産しやすい体は過度の疲労、精神的ストレス、運動不足、偏った食生活などにより、外からも内からも害されています。
知らず知らずのうちにバランスを崩した体は、「半健康状態」なのです。
バランスの崩れを改善し健康な体に戻してあげると、元気な体になってお腹もフカフカになり、赤ちゃんにとってとっても居心地の良い安心して育つ所になります。











セラピー風の音|不妊施術 [流産について]
このページの上へ 
Copyright (C) 2006 Theprapy KAZENO-OTO. All Rights Reserved.