気・整体・リンパ療法・不妊治療・現代医学も注目している遠赤外線代謝発刊装置をとり入れた秋田市初の健康サロン!
 秋田市牛島西2丁目3-17 伊藤ビル2F
AM9:00〜PM9:00 土日営業 [休日]不定休
トップページ 店舗紹介 各コースのご案内 タキ整体学院のご案内 会員募集  

各コースのご案内

妊婦さん、産後のお母さん向け

教室のご案内





 

妊娠しやすい体づくりに
おすすめの施術法
骨髄刺激法、骨盤内刺激法
卵巣刺激法



骨盤の歪み、後傾・後屈


不妊と子宮の位置の関係

不妊の原因の1つに、子宮の後傾・後屈などの位置の異常が強く関係していると思われます。
以前は子宮が後屈だと不妊の原因と言われ、それを治す手術が行われていましたが、現在はよほどひどくないと手術は行われなくなってきています。
現代医学では、子宮の後屈が不妊の原因でないと言われるようになったのですが、長年この不妊施術をしていてわかったことは、子宮の後傾・後屈の方は妊娠しにくいということです。
この、子宮の後傾・後屈を改善する施術をすることで、妊娠することが増えましたし、生理痛の改善にもとても大切な施術です。
だからといって後傾・後屈しているから即不妊と言う事にはなりません。子宮が後傾・後屈していても妊娠出産される方もたくさんいらっしゃいます。
子宮は骨盤内の中央に位置し、前に傾いていますが、後傾・後屈とは、字のごとく後に傾いていることです。


子宮の後傾・後屈には2種類のタイプは…

生まれつきの後傾・後屈

女性の約20%位の方が、このタイプです。その他に骨盤底筋群が弱ってなる方もいます。このような形を可動性と言われ、後屈を改善する施術をします。
また、妊娠出産によって前屈になるケースもあります。

対処法
骨盤をはじめ全身の歪みを整え、骨盤底筋群を鍛える。

癒着性の後傾・後屈

内膜症、骨盤腹膜炎などによって骨盤後壁に癒着し、後傾・後屈した状態。
激しい生理痛になりやすく、子宮内膜症と子宮の後傾・後屈症状が合わさることもあるので、要注意です。

子宮が後屈していると、性行為後に精液が溜まりにくいと言われています。
後傾・後屈を矯正することで、このような現象も改善できます。

 

妊娠しやすく、生理痛のないからだを目指しましょう!

 

NEXT  体調不良と不妊について






このページの上へ 
Copyright (C) 2006 Theprapy KAZENO-OTO. All Rights Reserved.